オムニチャネル対応でAIドリブンなIVA(自動制御可能な仮想アシスタント)で音声ボットやチャットボットを駆使し、セルフサービスによる自動化率を向上

AIドリブンで自動制御可能な仮想アシスタントで会話型セルフサービスを推進し、カスタマーエクスペリエンスを変革

U-Self Serve(旧akeira)

貴社顧客に次世代型のセルフサービスを提供することをお考えですか?UniphoreのU-Self Serveは、セルフサービスの自動化率を引き上げ、カスタマーサービスのコストを引き下げる、コスト効率が高く、迅速にセットアップ可能で、最適化が容易なソリューションにより、並外れたCXの実現を支援します。

AIとNLPの支援により、高度に効果的な会話セルフサービスを推進して電話、web、モバイルで営業とサービスのインタラクションを強化することができます。高品質のセルフサービスインタフェースを持つU-Self Serviceは、対人に近い会話体感品質でリアルタイム情報を提供し、取引に関するインタラクションをシームレスにします。AIを駆使したお客様の意図の把握、自然言語を理解するモデル、IVR、web、モバイルチャネル用のコネクタをご活用ください。

デモを依頼する
U-Self Serve

ビジネス上の利点

会話AIにより高コストのチャネルから通話を振り分けることにより、オートメーションを推進し、コスト削減を実現します。推奨のパーソナライズと先を見越したメッセージングにより、収益を拡大しましょう。

収益を拡大する
CXのコストを削減する
CXを変革する

他の会話型AI製品ションを選択して貴社ビジネスの原動力にする

会話型AI製品がビジネスの成果達成にいかに役立つかをご紹介します。